2019年10月08日

GNSS-Staticロガーの開発

突然ですが
実は開発中のGNSSロガーが完成(?)して、ただいま性能試験に入りました。
と言うと、何か「下町ロケット」的な中小企業の製造業現場のような感じですが、実態は、全く素人の個人が勝手に、使えるか使えないか判らないガラクタを作って喜んでいるようなものです。
先ずは格好だけ製品名「NSP-1」ナミソク衛星測位プロジェクト1号機の意味で名づけました。
20191008_144908.jpg

システムの概要は
NEO-M8T+OpenLog+モバイルバッテリー(IOT用)+GNSS多周波アンテナ(GN~GGB0710)+5/8インチ・オスメスネジ付ポール(1本30cm)
と100均で買ったケース
簡単に言うけどここにたどり着くまで結構、紆余曲折がありました。

例えばケース編
最終的には100均で買ったプラスチックハガキケース(透明)に今のところ落ち着いていますが、結構あらゆるケースを探ってたどり着いた結果です。
ケースは最後の仕上げだったので、簡単かと思いましたが、なかなか思うようには行きませんし、いまいち満足していません。3Dプリンターに挑戦しようと思いますたが、まだそこまで余裕がありません。
既製品のケースをいろいろ試して、工作しました。

ネットで検索して、タカチ電気工業の一番安いプラスチックケースを試しました。
M8TのミニUSB口とSMAジャック側がぎりぎりケースの外に出るサイズのケースを選択するとケースにUSB口とSMAジャック口の穴をあけてもM8Tの基板本体サイズがぎりぎりだと、あたりまえだけどケースの中に入れられません。(USB口とSMAジャック口は本体より外に出ているから)
こんなくだらない失敗をしながら、プラスチックケースをカットしました。
カットの工具も必要でした。2mmの厚さのプラスチックケースをカットするために超音波カッターまで購入したり、カットしたところの「バリ」が汚かったので、バリ取りの工具なんかも買ったり、いろいろ試して作ったものが次の物。
NSP-1画像(2500).jpg

openLogは小さくてなかなかケースに固定できません。
ケースに穴をあけてケースの外からopenlogにマイクロSDカードを挿入できるようにしたいと思いましたが、プラスチックケースに超音波カッターで穴をあけて何かでで固定して等、頭の中で考えた通りにはゆきません。
仕方がないので、OPenLogはケース内しまっておいて、最後にふたを開けてSDカードを取り出すシンプルな構造にしました。
NSP-1.jpg

ケースは中が見えないほうがブラックBOX的でいいかと思い、黒いケースを選択していましたが、最後は100均の透明ケースにたどり着く始末。
何故かと言うと
観測中にM8TのLED「受信を示す緑色LED」の点滅が確認ができないと不安です。1時間たって、何もdataが取れていなかったら無駄骨です。

実は経験済みなのです。
普通のモバイルバッテリーだと受信機からの微弱な電流だと保護機能が働いて、電力供給を止めてしまいます。厄介なことにこのGNSSロガーは止まるか止まらないか程度の微妙な電流の様で、同じ種類のモバイルバッテリーでも給電し続けるものと、途中で止まってしまうものがありました。
モバイルバッテリーは安定性を考慮してIOT用モバイルバッテリーを使うことにしても、やはり
受信している事を確認するために緑色LEDの点滅が見えるほうが良いと思って、結局100均透明ケースに辿り着いた顛末です。

やはり3Dプリンターで作りたいのです。
とりあえずケース編はここまで。

追伸 
モバイルバッテリーの給電口や、M8TのミニUSB接続口、SMAジャック口が外に出ていると、1時間屋外に放置する事を考えて、防塵防水対策を講じなければなりません。少しでも接続口に雨が侵入するとショートする恐れがあります。そんなことも考慮して、結局100均のプラスチックハガキケースに全部入れれば都合よい事に気が付きました。

今後の報告
ケース編は苦労したので話題が豊富ですが
本題の
M8TとopenLogの接続編
M8Tの出力設定編(U-centerを使ってOoenLogに出力するようにM8Tを設定する)
GNSSロガーに記録されたLawdataをu-centerで再生する方法
GNSSロガーに記録されたLawdataをRINEX形式にコンバートしてRTKPOSTで基線解析する方法
実証実験の結果
部品購入編(海外ネット通販)

以上
次回以降報告します。










posted by Y-NAMISOKU at 16:18| Comment(0) | プロジェクト
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: