2019年07月14日

1年ぶりの投稿です。

「プロジェクトはもう止めたのか」と思われたでしょう。
そう、「止めたのか?」 「厭きたのか?」本当に勝手で申し訳ありません。

別のブログ(https://namisoku2.com/blog/blog-538/)に移り、細々と続けようとは思っていましたが、そちらのブログも中途半端で昨年11月と年末に更新して以来そのままです。
そちらのブログは、仕事に絡めての事なので、あまり身勝手なプロジェクトの報告はやりずらいし、無責任で中途半端な記事で仕事に悪影響が出ても困るので、プロジェクト関連の気ままな報告は控えていました。

しかし、この半年間プロジェクトを取り巻く環境は大きく変わってきています。
その1、別ブログで報告した通り、運用延期となっていた準天頂衛星みちびき(QZSS)から発せられる新たな信号(CLAS)が昨年11月より運用開始された事により、高精度位置情報社会が目の前に迫ってきたこと。
その2、U−Blox社がコンシュウマー向けの低価格2周波受信モジュール(ZED-F9P)を販売開始したこと。
その3、トラ技の本年2月号でその記事が紹介されたこと。
以上、、個人が勝手にやっているプロジェクトなので、取り巻く環境と言っても世間一般では周知の事実なのです。

耳に入った情報をプロジェクトに反映させること、反映させた結果を検証する事、更に検証した結果を記事にまとめて報告する事。
言い訳ですが、仕事や個人的な付き合い(自治会の役員仕事等)が忙しく、この半年間なかなか報告する機会がありませんでした。
申し訳ありません個人的な勝手プロジェクトは優先順位が低いのです。

と言った御託を並べていますが、皆さんにとってはどうでも良い、小生の散財報告からさせて頂きます。

取り巻く環境その3のトラ技2月号購入は良いのですが、
問題は取り巻く環境その2のU−Blox社が販売開始した2周波受信モジュール(ZED-F9P)の件です。
モジュールだけでは小生としては如何しようもありません。
どこか(誰か)がアンテナジャックやシリアル通信用USB口をモジュールとあわせて基板にセットした受信機として販売してくれないと思っていろいろ検索してみました。

世界の動きは驚くほど速い、すぐに検索できました。
おなじみのCSG-ShopでもM8Tと同じように基板にセットした状態の受信機を販売していたので取りあえず1台購入
何ドルだったろう? いろいろなショップがあって一番手頃で使い勝手が良さそうなものを購入しました。

ZED-F9P.jpg


SparkFunではもう少し安いのを購入できますが、アンテナとの接続口が不安定そうでやめました。
F9P.jpg


TOPGNSSには色々ありましたがが高かったのでやめ

1台購入した後、1台では実証実験に使えないのでもう1台購入しました。


それとアンテナの件
2周波受信機があっても、アンテナが2周波対応でなければなりません。
Tallysman製のTW2710はQZSSに対応していて性能は良いのですが1周波対応アンテナなので使えません。

高須先生推薦(その後、取り付け口サイズ5/8インチを巡り推薦取り消し)の他周波対応アンテナGN-GGB0710を購入しました。
取り付け口が5/8でなさそうなので迷い、TOPGNSSのほかのアンテナも検討しましたが、性能優先で思い切って4台購入
販売は中国巨大企業のアリババグループのネットショップです。

結果到着した製品はは5/8インチネジに装着出来ほっとしています。
GN-GGB0710.jpg



更にCSG-ShopからM8Tを3台購入
既に手許に2台ありますから合計5台
受信機コレクションがますます増えて行きます。

M8T.jpg

2周波受信機(ZED-F9P)を2台買って1周波RTKから2周波RTKに移行しようとしている中なんで今更、いくら安いとはいえ1周波のM8Tを3台も購入したのは訳があります。
RTKのネックは通信手段
リアルタイムでなくとも高精度の位置情報が知りたい時、後処理で干渉測位をやるのであれば取りあえず通信手段は不要です。

そんな訳で、M8Tを使ってGNSSデーターロガーが造れれば、高精度位置情報取得のための後処理干渉測位がローコストでできそうです。
いろいろ海老沼先生のブログから教わりました。

基線解析はRTKLIBや地理院が公開しているGSILIBを使ってできないか検証中です。
GSILIBは一寸使ったけど設定が難しくて上手く行かなかったけど、再度検討するつもりです。
ローコストでスタティック測位ができれば測量基準点に使えそうです。

ようは、GNSSロガーを作るために更なる散財を繰り返している報告なのです。

海老沼先生のブログから教えてもらったOpenLogを4台購入
Openlog.jpg


更に
CSG-Shop購入のM8T基板のスルーホールに直接装着できる1.25ピッチ6極1列ピンヘッダー ケーブルアセンブリ等
端子.jpg


電子工作ど素人の小生ががネット検索や電子工作に詳しい知り合いに教えてもらったり、試作品を作ってもらったり、またまたプロジェクトは方向違いに向きかけています。
ラズパイ方向は今のところ向いていません。

そんな訳で、いろいろ訳のわからないものを購入しまくったり、購入したものをどう生かして行くのか目下試行錯誤中です。

折角、試行錯誤中のプロジェクとなので経過報告をいたしました。

今後の方針
その1 ローコストGNSSロガーを完成させる事
その2 ローコストGNSSロガーでスタティック測位を実験する事
その3 ZED-F9Pを基準局に設置して2周波受信dataが発信出来るようにする事
その4 RTK移動局にもZED=F9Pを使って高速FIX感を実感出来る様にする事

posted by Y-NAMISOKU at 12:29| Comment(2) | プロジェクト
この記事へのコメント
ローコストGNSSロガーを完成させる事に興味があります!いろいろと書いていただけると嬉しいです
Posted by しょう at 2019年09月14日 19:17
しょうさんへ
コメントありがとうございます。
GNSSロガーはとりあえず完成はしていますが、性能試験中です。
詳細は今後ブログにアップします。
気まぐれのアップですがご了承ください。

Posted by Y-NAMISOKU at 2019年10月08日 17:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: