2018年04月19日

草の根基準局登録

久しぶりの投稿です。
準備はできていたのですが後回しになってました。
ある程度の時間帯で基準局Dataを送信しなければならないので、アンテナの調子をしばらく観察していました。アンテナジャック接続部に雨が侵入したり、落雷が心配だったのですが、接続部は自己融着テープをぐるぐる巻きして防水対策をしたつもりです。落雷は運が悪ければアウトですが。
雨天でも今のところ順調にData配信しています。
基準局の設置に関する投稿は「MY基準局の設置」でやっていますのでそちらをご覧ください。
さて、「草の根基準局の登録」ですが、これはトラ技の企画で全国展開しているものです。サイレントシステムの中本先生が管理者となって運営しているようですが、主に大学や、高専の研究室が開設している例が多いようです。
草の根基準局のアドレスは
http://rtk.silentsystem.jp/
当方もこの企画に微力ながら協力しようと思い、基準局Dataの配信をしています。
アンテナが落雷でぶっ壊れたり、PCが壊れたししない限り。もしくは無料で使っているRTK2go(アメリカのサーバーらしいですが)使用停止にならない限り。
固定IPアドレスを取得してTCPサーバーとしてPTKLIBのSTARSVRで配信するいわゆるP2Pには今のところちょっと無理があります。何故かというとDDNSとかファイヤーウォールに穴をあけたりとかNAT設定とかIPマスカレードとかネット環境設定はよく解らないからです。
トラ技の記事のまま設定して、なぜかうまくいったNTRIPのrtk2goが使えなくなったら終わりと言う訳です。
基準局が広がって仲間が増えればまた考えます。
基準局情報.jpg

草の根基準局のログイン画面



5月12日(土)
朝、PCを立ち上げてSTRSVR(RTLLIBの中にあるdata転送ソフト)を起動させた処、NTRIPCaster(rtk2go)にdata転送できなくなりました。いろいろ原因を探していますが現在不明です。
つまり、現在当方の基準局が使えない状態です。
STRSVRにアンテナからの衛星受信dataはinputされていますがNTRIPCasterにoutputできない状態です。
PCのネット環境は正常、ネットにはつながっています。
サーバーNTRIPCaster(rtk2go)側が拒否している様なので、rtk2goのパスワードが変わったのかと思い、rtk2goサイト検索(海外サイトなのでグーグル翻訳)したところ特に変わってなさそうです。
サイトをよく検索すると、data拒否される原因として間違ったパスワードや空dataの送信が続くと自動的に拒否される仕組みになっているとの事。「RTKLIBのSTRSVRは空dataを送信し続けるケースもある。」その場合自動的にその発信元IPアドレスからのアクセスは拒否されるみたいな事が書いてありました。
「復帰するまで数日がかかる」とも書いてありましたが、数日放置状態で復帰すればよいのですが、だめならrtk2goが使えません。困りました。RTKができません。
別の方法を探すようです。

posted by Y-NAMISOKU at 10:06| Comment(0) | 提案
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: