2018年03月10日

RTK実験キッドの概要

トラ技で購入した実験キッド 確か¥27,000でした。トラ技実験キッド.jpg
基板にU-bloxのL1受信モジュール(NEO-M8P)とシリアル通信用マイクロUSB端子 アンテナ接続用SMA-J(端子)が配置されています。購入した物が到着した時はその小ささに驚かされました。回路図を見ても門外漢の小生にはさっぱり解りませんが専門家にすれば簡単な構造で再現は十分可能だと思います。プロジェクトを広めるためにはこの基板セットが必要なのでNEO-M8PやSMA端子、マイクロUSB端子等の部品と共に基板に配線しなければなりません。だからそんなことを考えていたわけです。
さて、トラ技で購入したアンテナですが安物らしいです。トラ技特別サイト「初めての1cm測位RTK超入門」で岡本先生が言ってました。
仕事でRTKを活用したい場合などはアンテナをある程度、感度の高いものにしなければならないらしく、小生はリットー社よりTW2710GPを2基購入しました。
20180306_102845.jpg
TW2710GP(リットー社 ¥37000/1基)

基地局用PCは余っていた古いのノートPC(ウインドウズXPを7に変えたもの)
ローバー(移動局)用は2in1型ノートPCを新規購入
当初は、野外で使用する小型のタブレット型を予定していたのですが使うには条件がありました。
U-blox(受信機)やRTKLIBのOS環境はウインドウズだったので、タブレット型でウインドウズPCはなかなかありません。できればLTE対応なら更に良いのですが、インターフェイスにUSB端子が無くてはなりません。
受信機からシリアル通信できるポートが必要だからです。

そんなわけで、タブレット端末で、該当する機種はなかなか見つかりません。
(アンドロイドのタブレットはありますが〜ヤマダエブリパッドプロ(ウインドウズ8)も当初候補に挙がったのですが、USB端子がありません。マイクロUSB端子はありますが、給電用なのでシリアルポートになるの判りません。それからメモリーが2Gしか無かったのでので止めました。)

ローコストが課題ですからHP(ヒューレットパッカード)の2in1型PC(メモリー4G ウインドウズ10 ¥50,000弱)を購入しました。
購入した物の金額
トラ技受信基板セット2セット 2×¥27,000
アンテナTW2710GP 2セット  2×¥37,000
2in1型PC(HP製)  1台    1×¥50,000
他 基地局用SMAケーブル15m ¥5,000
  ローバー用SMAケーブル3m   ¥1,000
コントローラー&解析ソフト(RTKLIB)は無料
総額約 ¥200,000
これでRTKがキチンととできれば目的達成できます。
このキチンとが今後の課題です。
実証実験の結果は随時報告いたします。

アンテナ、受信機、PCの接続はこんな感じです。(ローバー用)
20180306_104403.jpg
受信機からPCへはUSB端子でのシリアル通信
PC内での受信機コントロールや受信データーの解析はRTKLIB が行います。
次回は高精度測位RTKの概要です。(基地局が必要な事等)
posted by Y-NAMISOKU at 18:48| Comment(0) | プロジェクト
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: