2018年03月06日

U-bloxとトラ技との出会い

昨年秋頃だっただろうかU-blox社の高性能受信モジュールNEO-M8Pが2万円台で発売されたと言った記事を偶然目にしました.モジュール.png今まで測量機に関係する会社(例えばT社、N社)しか知らなかったが、測量機の中に入っている受信モジュールを作っている会社の事など考えた事もなかったが、気になる記事でした。
その記事にはRTKの事も書かれていて腑に落ちる内容だったが「受信機モジュールってそんなに安く買えるんだ」 L1帯受信機は元々安いらしいが、GNSS測量機の心臓部である受信機モジュールがそんなに安いとしたら、測量機の総額は一体何なのか疑問が残りました。ただ、その受信モジュールが手に入ったところで、自分に何が出来るのだろうか。器械の製造なんて全くの門外漢だし、その場はそんなことを考えて終わった記憶があります。
今年になってネットでRTK関連を検索していたら「トラ技」の検索候補ワードが出てきました。「トラ技ってなんだろう?」思わず検索「トランジスター技術」の事でした。
本屋で良く見かける雑誌でしたが、無線や電子基板の事など全くの門外漢だったので立ち読みした記憶もありません。2018年1月号、発売は昨年末でした。
トラ技1月号.jpg
早速ネットで紹介記事を見ると、今まで密かに考えていたRTKの事が現実出来ると確信した瞬間でした。

U-blox社の発売した格安受信機を基板に載せ、アンテナとの接続端子(SMAジャック)とマイクロUSB端子が付いた実験用器材を2万7千円で販売しているとの事。
「トラ技」はいろいろな実験用キッドを企画販売しているようです。
ネットの情報では、即品切れ状態で、入手困難との噂でしたが何とか手に入りました。
「RTKってそんなにメジャーなんだ」世の中の広さをつくづく感じました。

それともう一つの大きな収穫はRTKLIBの存在です。
東京海洋大学の高須先生が10年以上の歳月をかけて開発したアプリケーションソフトウェアで、世界のRTK技術や衛星測位技術に影響を与えている世界の至宝とまで言われているもので、何とフリーソフトです。
詳細は追って紹介しますが、このRTKLIBの存在は何としてもこのプロジェクトを世間に広めなければならないと思ったきっかけでした。
20180306_102747.jpg
posted by Y-NAMISOKU at 19:08| Comment(0) | プロジェクト
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: