2018年03月03日

思いついたきっかけ

以前から、職業上の技術で何か他に生かる事はないか、人工衛星を利用した測位システムRTK測位が生かせないか、と密かに考えていた時期がありました。

ところが
測量用の受信機(アンテナを含む周辺機器も入れて)は高額(1台数百万円)な上、測量方法によっては1台では役に立ちません。
スタティック測位と言う測量法は最低3台必要で1時間以上同じ場所でじっくり衛星からの信号を受信します。数km以上離れた点でも観測精度は数mmと言った高精度のものですが、限られた用途(役所が発注する基準点測量)でしか活用方法が見出せませんでした。
観測中009.jpg
役所の仕事で小生の会社が行いました。

小さな測量会社では費用対効果を考え、所有する事はなくレンタルで代用
また、RTK測位は最低2台の器械が必要で、器械間の無線通信が必要と言った代物だったので、あまり普及はしなかった様です。

衛星測位は金が掛り過ぎるうえ、上空の視界などによっては使えない事もあり、役所の発注する2級基準点測量以上の測量以外では活躍する場面も少なかったようです。
(3級基準点はトータルステーションを用いた地上測量が主でした)

しかし、国が設置した電子基準点の受信データーを補正配信する会社の登場によって、携帯電話による通信手段を使って1台の受信機(アンテナと周辺機器含む)で衛星測位が半Real Timeで出来る様な仮想基準点方式(VRS方式)(他の方式もありますが)が登場しました。ネットワーク型RTK測位と言います。
受信機1台(アンテナ+周辺機器)+データー受信料+携帯通信代で賄えるようになりまたが、測量法の規定に合うような測量方法では受信機他機器1台(数百万円)+データー受信料(月額数万円)+携帯通信代(月額数万円)でこれでも結構頻繁に利用しない限り、宝の持ち腐れとなります。

ネットワーク型RTKは3〜4級基準点測量への使用が認められていますが、市街地は上空視界が狭く利用に制約が出てきます。どうしてもトータルステーションを用いた地上測量になってしまいがちです。

小生は仕事として衛星測位の技術は必要と考え、受信機1台で成果の得られるネットワーク型RTKが行える環境を整えました。受信機、周辺機器を購入し、データー受信契約をした訳です。
VRS方式のGNSS測量ができるアンテナ、受信機セット コントローラーはスマホ
GNSS.jpg
既知の基準点(1〜2級基準点)にその器械を設置してネットワーク型RTK測位で直接得られた数値と既知の数値を比較したところ、3~5cm程度の誤差で一致しました。随分簡単に・・・・・緯度、経度、標高を高精度に(緯度、経度は0.00000001度の単位まで正確に)求める事は至難の業で正確な基準点測量結果に基づかなければ得られなかったものがほんの数秒で得られたわけです。
でも、これでもお金が結構かかります。
ローコストで数cm級の高精度な衛星測位でないと意味がありません。
スマホで行っている衛星測位は廉価ですが、高精度ではありません。数m級の誤差があります。人の動きや道案内なら数m級の誤差でも問題はありませんが、数cm級の高精度を必要とする場面もあります。農業機械の自動走行による作付け等その活用法は無限大です。

この廉価で高精度なRTKの実現を密かに思っていたのですが、ネットであるページを発見しました。
次回はそのページと書かれていた内容について投稿します。投稿者.jpg
posted by Y-NAMISOKU at 19:33| Comment(0) | プロジェクト
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: