2020年10月22日

GNSSロガーとStatic観測システムの完成と実証実験報告

全く気まぐれな投稿で申し訳ありません。
投稿時期が離れては前回からの関連が伝わらないかもしれません。

Blogですから其のところはご勘弁ください。

さて、表題のとおりStatic観測システムが完成しました。

そのシステムとは
@U-Blox1周波モジュールM8Tを搭載した自作のGNSSロガー アンテナと8/5インチポール モバイルバッテリー
ARTKLIBでなく国土地理院開発のGSILIBを使ってエクセルで手簿、記簿の帳票をプリント
BGSILIBで基線解析した結果をエクセルで作った3次元網平均計算の連動させ平均結果の帳票をプリント
004.JPG

@のGNSSロガーは過去に投稿したとおり、ローコストでRTKでなく通信手段のいらないStatic測量ができないか考えた末、電子工作門外漢の小生がたどり着いたGNSSロガーです。

AはGSILIBの存在は以前から知っていて、手簿記簿dataの送出ができる魅力は感じていたのですが、具体的にそのdataをどうやって帳票化するかわかりませんでした。

コロナ禍、休みに外出もできず、試行錯誤する時間があったのでチャレンジ
GSILIBから出力されるdataはテキストdataなので、エクセルを使ってデータ取り込みと帳票化が出来ました。
この後エクセルを使って3次元網平均計算が可能となっています。
ここまで前回報告した事でした。
前回はマニュアルが未完成だった事
現地での実験報告をする約束(?)だった事

約束したかどうかは忘れましたが
完成したマニュアル
土地家屋調査士のための衛星測位マニュアル(Webサイズ用).pdf
追加マニュアル
追加マニュアル_docx.pdf
現地での実証実験報告
実測報告.pdf
まとめてします。



posted by Y-NAMISOKU at 14:13| Comment(0) | 提案