2019年09月09日

2周波dataの送受信

基準局のアンテナを多周波受信アンテナ(GN-GGB0710)に変更したので、受信機もZED-F9Pに変更して2周波dataを送信しようと思ってチャレンジ開始
ZED-F9P.jpg


ネットでU-centerを使って受信機の設定方法をいろいろ調べていたところ、今まではRTKLIBまかせだったので受信機(NEO-M8PやZED-F9P)のRTCMの送信機能に着目していなかった様です。
M8Pより格安なM8TでRTKLIB(STRSVR)を使ってNTRIP Caster(RTK2go等)にRAWdataを送信する方法のほうが簡単に思えます。
TCPServerを立ち上げ、外部からの求めに応じてRTCMdataを送信する方法は、ファイヤーウォールに穴をあけたり、固定IPアドレスに紐付けしたり、ルーターの設定等が必要な様で、素人の小生にとっては少しハードルが高い気がしていました。
ところが
U-centeerのメニューをみるとNtripCasterとかNtripServer、NtripClientがあります。
M8pとかF9PはRCTMの送信が出来るのは判っていたのですが、Ntrip方式でできるのか知りませんでした。
今後の課題ですが、F9PからRTCMがNtrip方式で送信できれば、ただ乗りしているrtk2goより将来的に安心なのではそんな考えが持ち上がりました。

さて、せっかくF9Pを基準局にセットしたので、2周波dataが受信できているのか、現行のrtk2goに送信できるのか気になるところです。
先ずは受信できるかu-centerで確かめたら受信しているようです。
受信状況を示すグラフにカーソルをあてるとLI、L2出てきました。

2周波受信状況.png


これが、今までと同じように、RTKLIBにあるSTRSVRで、rtk2goに送信できるか問題です。
STRSVRはVer2.4.3です。送信はできているようです。

移動局もF9Pを使ってRTKNAVI(Ver2.4.3)で高速FIXするのか結果は次回報告します。






posted by Y-NAMISOKU at 19:29| Comment(0) | プロジェクト