2018年05月29日

NTRIP復帰しました

報告が遅れ申し訳ありません。
5月12日(土)にNTRIPサーバーRTK2goが突然使えなくなったことをお伝えしましたが1週間後5月19日復帰しました。いろいろ忙しかったので、投稿が更に1週間超遅れて今日になったしまいました。
「善意の基準局」一時は公開停止していましたが今は公開しています。
さて、突然RTK2goが使えなくなった訳ですが
多分 RTK2goは「betatest用として自由に使ってください」と言う趣旨の無料のNTRIPサーバーなのでdataup(送信)することも無料ですし、クライアントとしてdata受信することも無料です。
rtk2go-1.jpg

なので、いつまでもタダで使えるTEST期間が続く訳ありません。
ある一定期間なのか、一定のdata送信量なのかは判りませんが、一定量を超えるとRTK2goにdata送信できまくなります。
無料のNTRIPサーバーにdata送信できないと、NTRIP方式でのRTKができません。できない訳ではありませんがほかの方法を検討するようです。
せっかく海外通販サイトからNEO-M8Tを取り寄せたのに実験できません。
本当は他の理由でやらずに放置しているのですが、兎に角、基準局dataの送信が出来ないとNEO-M8Tの性能が確認できません。QZSSがどの程度有効なのか実地で確認したかったのですがしばらく保留状態でした。

RTKLIBのSTRSVRを使ってTCP/IP通信で自前サーバーを立ち上げるとなると、事務所のネット環境下でやるのは問題があります。モバイルルーターを買って固定simフリー(格安)は何が良いか等、色々考えることがあります。何とかNTRIP方式が良いのですが(それも金のかからない)、RTK2goを使わせてくれているSNIPという会社でしょうかサイトでは有料のNTRIPサービスを提供しています。よく見ると機能限定ですが無料のNTRIPサービスもあるようです。

SNIPアイコン.png

SNIP3.jpg

SNIP2.jpg


さっそくダウンロードしましたが使い方がわかりません。
日本語ではありませんから。
SNIP4.jpg

翻訳サイトを使って翻訳してもよく解りません。
色々やっている内に、rtk2goのマウントポイントを変えたところrtk2goが使えました。
なんだ!
同じマウントポイントを使ってrtk2goに一定期間か一定量かは不明ですが、data送信し続けると使えなくなります。マウントポイントを変えれば良いだけのことでした。これから先も先安定的に使えるのかは不明ですが、ちなみにどう変えたかと言うと、namisoku.rtkからnamisokuRTKに変えただけでした。
今日も無事data送信しています。(夜はいったん切ります)

ところで、今日まで何をしていたかと言うと
ラズパイに挑戦していました。
LDCがつきません。電源を入れればすぐ使えるといった中華製品を買ったのですが、到着後全く使えません。
さすが中華製品
レビュー平均3.5  4.0の人もいれば1.0の人もいました。1.0の人は買ったけど使えなかった。LCDつかず
当方も全く同じ状態でした。 はずれくじを引いてしまいました。
何とかしたくてタッチパネルを外して、ラズパイソフトを入れ直しました。
HDMI外部モニターでラズビアンが起動していることは判りますが、LCDはつきません。しばらくお待ちください。ラズパイは置いて、NEO-M8Tを試したほうが良さそうです。





posted by Y-NAMISOKU at 19:00| Comment(0) | 実証実験