2018年03月14日

MY基準局の設置

前回「高精度測位のカギは基準局」といったタイトルで投稿しましたが、MY基準局を設置したので報告します。
事務所の屋根の上にカメラの三脚を利用してアンテナを設置しました。
MY基準局アンテナ.jpg
アンテナからSMAケーブルを15mほど延長して事務所内の受信機〜パソコンに接続しています。
パソコン内ではRTKLIBのSTRSVRといったソフトが起動していて、アンテナで受信した衛星データーをNTRIP Casterといったクラウド上のサーバーにアップロードしています。

パソコン内でSTRSVRが起動してNTRIP CasterにIP通信している状態
STRSVR起動中.jpg

MY基準局PC.jpg
これがMY基準局です。
実は今日、NTRIP casterにデーター送信しているつもりで現場(移動局)に出かけましたが、基準局データーを受信できませんでした。パソコンを節電モードにしておいたのでスリープ状態になってしまいデーター送信ができていなかったのです。(お粗末)

NTRIP Casterを使ったサービスは一般的に企業(データー配信会社)が有料で行っているケースが多く、その企業がサーバーを設置して配信サービスを展開していますが、ユーザーが自由にアクセスできるオープンなNTRIP Casterサービスがあります。
「rtk2go」といった無料サーバーはだれでもデーター送信でき、送信されたデーターに誰でもアクセスできます。だたし誰が送信したデーターかを識別するためにマウントポイントといったものを設定する必要があります。小生は、他で使っている人がいないと思いますが「namisoku.rtk」といったマウントポイントにしています。移動局側の設定でこのマウントポイントは必要になります。

NTRIP Casterの構成要素〜NTRIP Casterはオープンサーバー「rtk2go」を使用
NTRIP

posted by Y-NAMISOKU at 21:11| Comment(0) | プロジェクト