2018年03月12日

高精度測位RTKの概要

RTKは座標値が判っている点に1台の受信機とアンテナを固定して衛星からの電波を受信すると同時に、位置を知りたい点(移動する側)にも、受信機とアンテナを設置して衛星からの電波を受信します。この合わせて2か所で同時に得られた観測データーをリアルタイムに解析して知りたい位置を決定する測位手法です。
gps_iroiro04.gif
スマホやカーナビなどの単独測位で受信する電波とは種類の違う搬送波という電波を受信して行うもので、固定点と移動点で同時に受信した搬送波を解析するのは、その受信データーをどこか1か所に集約して解析しなければなりません。その手段として、無線機や、IP通信(インターネットを利用した通信)が必要となります。
高精度測位RTKの概要(トラ技2018/1月号より引用)
RTK概要.jpg

RTK測位では、約1.5㎓の搬送波を直接観測しますが、波長が19pと短いことから、受信開始時には衛星〜アンテナ間にある波数が不確定です。(物差しの目盛りが細かすぎて大きな数値(整数)が判らないといった表現が合っているかもしれません=整数値バイアス)最初はその整数を判別(数えきる?)するのに時間がかかります。初期化といいます。初期化が済み数m級の整数値部分が確定した後、数m級から20cm級の解を計算している段階がFLoat解と言います。そして最後に確定解(たぶん1〜2cm級だと思う)を求めます。FIX解と言います。
このFIX解が出るまで演算が繰り返し行われます。
RTKLIBといったソフトで行いますが、RTKLIBは東京海洋大学の高須先生が開発し、世界のRTK技術に影響を与えている世界の至宝と言われているフリーソフトです。
演算内容は複雑で解説できませんが、演算を繰り返し固定点と移動店点の相対的位置関係を1〜2cm級の精度で確定して行きます。この結果、固定点の位置が判っていれば移動点の位置は相対的位置関係から求まります。これがRTKの概要です。

つまり、固定点の位置が正確でなければなりません。
固定点と移動点の通信手段が無くてなりません。
固定点、移動点とも衛星からの電波の受信環境(上空に開け具合)影響します。
正確な移動点の位置を求める事=FIX解を得る事は結構条件があります。
これらの事は次回以降少しずつ報告いたします。

今回のRTKプロジェクトの骨格は『トラ技2018年1月号』に掲載されています。
http://toragi.cqpub.co.jp/tabid/862/Default.aspx

posted by Y-NAMISOKU at 21:38| Comment(0) | プロジェクト