2018年03月05日

準天頂衛星について

朝日新聞デジタル版に次のような記事が掲載されました。(H30/3/2)
「日本版GPS(全地球測位システム)の準天頂衛星みちびきについて、内閣府は2日、当初4月に予定していた位置情報のサービスの開始を、11月に延期すると発表した。
 みちびきは、専用の受信機を使えば、走行中でも誤差12センチ程度の高精度な測位ができるとされており、自動運転などへの活用が見込まれている。これまでに打ち上げられた4機で24時間運用する予定だった。」
JAXA.jpg
(JAXA画像引用)
また
日本土地家屋調査士会連合会会報誌2月号に「表示登記に関する最先端技術(準天頂衛星システム(QZSS)の活用に関する実証実験及び法務省への説明会の実施報告)と言った記事が掲載されていました。
内容を要約すると
ネットワーク型RTKの測位成果(単点観測値)とQZSSが発信するL6帯信号受信機による単独測位(PPP-RTK)成果を既知点(公共基準点)にて観測し、既知点成果と比較検証すると言ったもので、表示登記への活用が近い将来可能かどうかの報告記事でした。
比較検証結果の数値については記載されていませんでしたが、だいたい見当がつきます。

ネットワーク型RTKの単点観測値は実感的に2〜3p精度に収まりますが、公共測量作業規定では基準点成果値としては使えません。既知点間を結ぶ観測と網平均計算を行い既知点成果との整合を図って初めて3,4級基準点成果として使用出来る訳です。
但し、国土調査の境界点座標は単点観測値でも良くなったようです。(発注機関の意向と地籍図の精度区分にもよりますが)

一方、準天頂衛星から発せられるL6帯電波は、CLAS(シーラス)と言ったcm級測位補強サービスが含まれ、単独測位で水平方向6cmまでの精度を持ちますが単独測位ではこれ以上の測位精度は無理です。
CLASを利用した単独測位値は車両の自動運転などの利用には大いに有効だと思いますが、測量となると単独測位値をそのまま使う訳には行きません。
結局、相対測位と成る訳で、複数の受信機の通信(インターネット回線が主と成る筈)もしくは後処理解析が付いてきます。

そんな訳で、今進行中のRTK測位プロジェクトは徒労に終わる事は無い筈です。
posted by Y-NAMISOKU at 19:07| Comment(0) | 日記